4/23夜。故郷の山の麓で星を撮影。完全なるお遊び。

一晩掛けて750枚くらいの撮影をしてスタータイムラプスムービーを作成した。

# 1.記録



◆下界

DSCF9043

駐車場からは街の明かりが見えた。小さな街だ。



◆試写

DSCF9047

構図、露光時間、ISO、ホワイトバランスなどを考慮し、勘で設定を変更しながら試写する。


DSCF9566

概ね、こんな画像を何枚も時間をずらして撮影する。それを動画としてまとめるとタイムラプスムービーとなる。

今回は749枚撮影した。20秒間の露光、10秒間のインターバルという設定で仕掛けたので、1分あたり2枚しか撮影できない。撮影枚数:749を2で除算すれば所要時間(分)が算出できる。



◆日の出・雲海

DSCF9857

5:00過ぎ、日の出を迎えた。この辺で星は見えなくなってくるのでタイムラプスは終了となる。絞りを絞ってもう少しねばっても良かったのだが、やはり寒さに勝てなかった。


DSCF9908

那須はまだまだ雪が残っている。寒い。


DSCF9933

こんな写真も撮ってみた。


DSCF9945

朝イチで登山に向かう人がいた。ヘルメット、かんじきなど装備を見るとちゃんと冬山を知っている人の装備だった。

那須の冬山は高校生の不幸な事故があったばかりだ。十分注意が必要だが、高校生が訓練をしていた場所よりも峰の茶屋までのルートの方が安全だろう(たぶん)。


DSCF9963

陽も徐々に昇る。雲海がよく見えた。


DSCF9971

峠の茶屋駐車場をあとにして、少し下った見晴らしの良い場所(「恋人たちの聖地」という恥ずかしいネーミングの駐車場)でもちょっとだけ撮影。


DSCF9973

横ワイドで撮影。


# 2.成果物



◆比較明合成画像

output_comp64

64枚分の合成


◆タイムラプスムービー



北極星を中心とした撮影。朝方、右下から天の川が上がってくる。

<撮影メモ>
ISO:3200/露光時間:20sec/インターバル:10sec/ホワイトバランス:K指定/画像サイズ:M(16:9)/Jpeg保存
30コマ/secで動画化





寒かった~。写らないような場所にクルマを置いて、暖房をつけて、冬山登山用のシュラフに包まって朝まで待機した。親父がカイロ持っていけと言ってたくさんカイロをくれた。つま先や肩口に貼り付けて寒さをしのいだ。